2021/10/21 (木) 17:34 18時30分まで診療中です。

症例紹介

【症例紹介】精巣腫瘍

腫瘍科

2021/09/01/

・術前

症例

動物種:犬
品種:マルチーズ
性別:未去勢オス
年齢:8歳6か月
体重:4.6kg

主訴

昨日、左の精巣が大きいことに気づいた。

検査と治療方針

・身体検査
左精巣の腫脹が認められた。

・治療方針
飼い主様とご相談の上、左右精巣の摘出手術(去勢手術)を別日に実施し、摘出した精巣で病理検査を行うこととした。

治療

麻酔前検査として血液検査、胸部レントゲン検査を実施した上で、左右精巣の摘出手術(去勢手術)を実施。


術前写真:左精巣の腫脹が認められる


術後写真

診断

左精巣:間(ライディッヒ)細胞腫
良性であり、去勢により治癒する腫瘍との診断。

・術後

術後の体調も良く、経過良好。
抜糸を行い、現在経過観察中。


術後2週間:抜糸前


抜糸後

先生から一言

去勢手術をしていない高齢のワンちゃんですと、時折このように精巣が腫瘍化してしまうことがあります。
幸いこの患者様は早期に発見し、すぐに去勢手術を実施され、良性という結果でした。

精巣腫瘍の中には、少ない確率ですが転移してしまうものもあります。
精巣腫瘍は去勢手術によって確実に予防のできる腫瘍ですので、やはり生後6ヶ月を過ぎたワンちゃんは、去勢手術を検討していただくことをお勧めします。

ワンちゃんの体調や予防について等、気になる事がございましたら獣医師までお気軽にご相談ください。

足立区東和にある亀有東和動物病院。
足立区東和、中川、大谷田、谷中、葛飾区亀有から多くの方にお越しいただいております。
ご予約・お問い合わせはLINE(https://lin.ee/7waSgKr)またはお電話(03-5856-1412)よりどうぞ!

前のページに戻る

こちらから今すぐご予約!

診療時間を見る